保育士ユニット”あっぷるジンジャー”

保育士ユニット”あっぷるジンジャー”が送る最高に自己満足な保育士たちの軌跡です☆彡

4-5、つるの剛士さんにありがとう

★ つるの剛士さんへ感謝の”ありがとう”

 

つるの剛士さんがTwitterで保育士試験の受験資格について発言をしてくれたことから始まった今回のあっぷるジンジャーとしてのべしゃり暮らし。

 

マイマイだいすけが互いの想いや考えを一つのテーマをもとにぶつけ合えたこと。本当に楽しかったです(*^v^*)

 

本音で言って、ここまでうちら2人が『受験資格』から始まって・・・

 

『保育士の処遇を求めるならば当然それなりに保育士も認められる存在にならなければいけない』と考え・・・

 

『そもそもとして保育士の質を考えたときに、保育士自身が保育士を育てられるのか』と言った保育業界に対する想いをぶつけられたのは、つるの剛士さんのおかげだなって思うんです☆彡

 

 

M:『つるの剛士さん。ありがとー!』って言うのがまず第一かなぁ。 一般の人の保育士に対する意識がよくわかる発言だったなぁと。 子育てと保育を切り分けて見られてないという再認識ができた。 そして保育士側のいろんな意見を引き出してくれたなって。

 

マイマイも、まとめの一言目に『感謝の言葉』が出たくらいだしね♬

 

 

今回、繰り返し書いていますが・・・

f:id:maru-hoiku:20200119223503j:plain

このTwitter!!

 

ルールだから仕方ないとか。ただ諦めるとかではなく『どうしてそういう理由なのか』と疑問を持たれたこと。

 

正直、、、今まで2,000人以上の保育士、保育学生と出会って来た中でこの言葉って聞いたことがなかった。

 

そして私たち自身も曖昧な知識だったので、改めて厚労省に再度確認してみたりして今回、一般の方も保育関係者も含めで誰もが、今回の件について歴史的背景やその経緯を理解できるようにと、保育士国家試験の受験資格についての解説ページも作ってみた。

 

それも全てはつるの剛士さんが率直な疑問や想いを世間に打ち出してくれたからなんですよね☆彡

 

f:id:maru-hoiku:20200105135432j:plain
f:id:maru-hoiku:20200105134553j:plain

 

 

 

 

 

 

★ 受験資格の歴史的背景の解説を作った理由

 

 

 

実は今回、つるの剛士さんのtwitterの発言から、本当に多くの保育士が持論や想いをぶつけていたんです。

 

そんな発言に対して保育士ではなく一般の方が多く疑問や率直な想いをぶつけあっていたというのがとても印象的でした。

 

ぶっちゃけ、保育業界ってすごく狭くて、身内の中で意見を言い合うことはあっても世間に対して想いをぶつけ合ったりする機会もなければ、まだまだメディアも世論も保育業界については一部分しか取り上げてくれない世界なんです。

 

だからこそ、今回保育士に対して一般世論が想いや考えをどんどんぶつけたというのは本当に新鮮で新しい風が吹いたなって思ったんです(*‘v‘ *)

 

じゃあ、私たちはどのように想いを伝えるかと考えたときに、多くの人たちがつるの剛士さんと同じで・・・

 

『保育士試験の歴史的背景が知りたいのではないか』

 

そして・・・

 

『この発言をしている人たちの多くがこの歴史的背景を理解した上で想いや議論を重ねていくことで、今回新たに吹いた風をより有意義に活用出来るのではないか』

 

という想いで今回、できるだけ分かりやすい解説ページを作ったんです(*^v^*)

 

※保育士に関連する情報ページは沢山あるのに、今回のような情報サイトって全くなかったですよね。

 

 

 

★ 是非、皆さん知ってくださいね♬

 

実はその後、つるの剛士さんがどのような選択をしたかご存知でしょうか??

 

つるの剛士 保育士になる

 

たった数日でこの発言には正直驚きました。

 

 

もちろん同じように国家試験を受験されている方や一念発起で200万近くの費用と2年の歳月をかけて保育士資格を目指す人も変わらず尊敬しますが、、、つるのさんの行動力も凄いですね☆彡

 

このような方が同じ保育という業界で一緒の仲間に加わってくれることが凄く嬉しいし、2年後が本当に楽しみになりました(*^▽^*)

 

 

 

 

★ このブログ・・・本人が見てくれたら嬉しいですね!

 

つるの剛士さんは今回、駒崎さんだけでなく、多くの保育士さんにも丁寧にTwitterで返信をされていて私たちの知人にも返信をしてくれていました。

 

あっぷるジンジャーの2人は今回、色々と想いをぶつけ合っていく中で・・・

 

『もし、、、このブログや私たちの想いがつるの剛士さんに届いたら嬉しいよねって』

 

そんな想いで今回のブログを書き上げてみました。

 

本当に保育という世界が大好きで、自由気ままで自己満足な2人ですが、、、今回は本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

改めまして、つるの剛士さん。ありがとうございました☆彡